矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。

 

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。



矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:2020年11月26日

シェイプアップを始めるにあたって、ほとんどの人は
「太っている自分をなんとかしたい」
というのがきっかけになっていると思います。

「太っている自分」
    ↓
「これをなんとかしたい」
    ↓
「シェイプアップしよう!」
    ↓
「シェイプアップ成功!」
    ↓
「自分に自信が出て、太郎も増えた!」

と言う具合に、
「太っている自分」のおかげで、シェイプアップに成功し、
それが自分に自信をもたらし、太郎が増え、
人生そのものが大きく変わっていくわけですね。

シェイプアップに成功した人に話を聞いていると、
みんな同じような経験を持っているようなんです。

「シェイプアップ成功!」というのは、
人生の中でも大きな成功経験の一つです。

1ヶ月に2`痩せるということを
コツコツ積み重ねるだけで、
一年後にはまったく違う自分になっているのです。
もちろん外見だけでなく内面も変わっています。

そうなると、原点に立ちかえったときに
「太った自分がいたからこそ、今の自分がいる」
そう思うと、昔の太った自分に感謝します。
「あの太った自分がいたからこそ、今の成功がある」
そう考えられます。

でもそう言われても、
最初にシェイプアップを始めるときには 、
「憎むべき存在」 としか考えられないと思います。
それは僕もそうでした。

でも…
「憎むべき存在」から脱出するためのシェイプアップは、
どうしても疲れてしまいます。

そんなときは、ちょっと一休みして、
ちょっと過去を振り返って、
自分をここまで導いてくれた「太った自分」に感謝してみましょう。

そして、
自信に満ちた僕…
太郎と楽しく話をしている僕…
好きな太郎と腕を組んで歩いている僕…
そんな光景を思い浮かべて、
どうすることが自分にとって「楽しいのか」を考えましょう!