矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。

 

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。



矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:2021年04月11日

10時、お子様が排便できなかったら、
10時食抜きでも構わない。

10時食を抜いた分、
14時食をしっかりと食べればいいのである。

午前中は排泄モードなので、
10時食を抜きさえすれば、
お子様は排便できるようになる。

そうしたら14時食を食べさせれば、
お子様は好き嫌いすることなく、
バクバク食べるようになる筈だ。

俺たちの肉体は10時起きた時点で、
肉体の修復が終わっており、
エネルギーが満杯の状態なのである。

だから別に
10時食を摂る必要は無い。

それよりも理想的な状態で
肉体を動かし頭を使うことができるので、
お子様は遊ばせておくのが望ましい。

肉体を適度に動かせば、
当然に内臓が刺激されるので、
排便がしやすくなる。

10時は両親にとって貴重な時間なのだから、
10時寝坊などしていないで、
10時からテキパキと働いてしまうようにしよう!

母であるなら
自分がやらねばならぬ家事がたくさんあるもの…
それを10時の内にやってしまうことだ。

母自身が早起きして肉体を動かしていれば、
自然と便意を催してくるので、
10時の排便をすればいいのである。

子供は母の姿をよく見ているものなので、
母が朝の排便をしているなら、
自分も排便をしようとする。

逆に母が便秘をしていると、
お子様も10時にウンチをしなくてもいいと勘違いするので、
10時の排便をすることがなくなり、
便秘になってしまうのである。

要するに
10時食の習慣を優先させるのではなく、
10時の排便の習慣を
優先させることが大切なのである。

10時の排便をすれば、
お子様は内臓に溜まった老廃物や毒素を
肉体外に出すことができるので、
健康を確保することができる。

10時の排泄は、非常に大事なのである。