最新老眼治療のモノビジョンレーシック

老眼鏡というのは「遠近両用メガネ」とも言われているように、遠いところと近いところ両方を見えるようにするメガネです。
モノビジョンレーシックはそれと同じ効果を人工的に手術によって実現することが出来るのです。

 

モノビジョンレーシックを実施することによって、あなたの生活環境に大きな変化が現れることでしょう。
メガネもコンタクトレンズも必要の無い、自然体な裸眼での生活はきっと幸せを感じることでしょう。最近、均等に効果を出すことの出来る最新技術のレーシックが注目されています。
それがモノビジョンレーシックと呼ばれるもので、遠くと近くが見える目を矯正するレーシックの種類となります。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。



最新老眼治療のモノビジョンレーシックブログ:2020年09月26日

減量中は
高タンパクの食事を心がけましょう!

どうして高タンパクの食事が
減量に有効なのかというと…
筋肉を維持するためにタンパク質が必要となるからです。

タンパク質が不足すれば
筋肉量は減ってしまい代謝が低下します。
代謝を高く保ち、痩せやすいからだを維持するためには
筋肉量がとても重要なんです。

減量中は食事制限により、
普段よりも栄養素が不足しがちになります。

本来、筋肉を生成・維持するために
不足してはいけないタンパク質も不足してしまうわけです。

タンパク質が不足することで筋肉が減少し、
基礎代謝の低下を招いてしまうので、
減量中は、
高タンパクの食事が効果的となるのです。

wiiスポーツやジョギングなどのトレーニングを行っている場合は、
特にタンパク質の摂取には気をつけたいところです。

トレーニングを行えば、筋肉が疲労します。
疲労した筋肉を元の状態に回復させるのも、
タンパク質の役割だからです。

これを無視してしまうと、
筋肉は回復ができずに減ってしまいます。

トレーニングで筋肉を働かせたら、
しっかりと栄養を与えて回復させることは、
とても大切なことなんですよ。

トレーニングで疲労した筋肉を回復させ、
筋肉をよい状態に保ち、代謝の高いからだを維持するためにも
減量中は高タンパクの食事を心がけましょう。

高タンパクの食事を摂るには…
特に鶏のささ身は低カロリーで高タンパクなのでベストです。
減量では鶏肉と魚を中心とした食事を
食べるように心がけましょう。

食事だけではタンパク質が不足しがちになるので、
低カロリーでタンパク質が豊富なプロテインドリンクを活用すると
理想的な食事が摂れるようになりますよ!