最新老眼治療のモノビジョンレーシック

最新老眼治療のモノビジョンレーシック


最新老眼治療のモノビジョンレーシック
老眼鏡というのは「遠近両用メガネ」とも言われているように、遠いところと近いところ両方を見えるようにするメガネです。
モノビジョンレーシックはそれと同じ効果を人工的に手術によって実現することが出来るのです。

モノビジョンレーシックを実施することによって、あなたの生活環境に大きな変化が現れることでしょう。
メガネもコンタクトレンズも必要の無い、自然体な裸眼での生活はきっと幸せを感じることでしょう。最近、均等に効果を出すことの出来る最新技術のレーシックが注目されています。
それがモノビジョンレーシックと呼ばれるもので、遠くと近くが見える目を矯正するレーシックの種類となります。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。




最新老眼治療のモノビジョンレーシックブログ:2021年01月11日

ミーの父親は聴覚言語障害者です。
音は全く聴き取る事ができません。
言葉は、父親が小学生の時に、
父親のお母さんがつきっきりで教えていました。

当時の祖母は、
父親が小さい頃に聴力を失ってから、
相当の間必死に父親の教育に対して一生懸命だったのです。

父親の言葉を借りると
「おばあちゃんはとっても厳しかった…
言葉を覚えるまで、ちゃんとしゃべれるまで何度も何度も繰り返した…」

相当スパルタだったみたいです。
そして、幼かった頃の父親は
言葉を覚えるのが相当苦痛で辛かったそうです。

昨年、父親が脳梗塞で入院をしました。
一時は回復したものの、
退院間際に病院内で転び不自由ではない手を負傷し、
両手が全く動かせない状況になってしまいました。

今現在も、日々介護をしているお母さんの負担を減らすべく、
実家に帰って父親と一緒に過ごす時間を作り側についている状態です。

そして、おととい、
父親が入院している病室で2人きりになった時、
笑顔でミーに伝えてくれた事がありました。

「お父さんな、言葉覚えてて本当によかった。
おばあちゃんはとっても厳しかったし、覚えるのも辛かったけど。
でも、こんな状態でもちゃんとお前と話が出来る」

父親は、元々
口話(口を使って言葉を発しそれを聴き取る事)より、
手話を好んでおりました。

そして、ミーにも強制的に覚えるようにと強く言われ、
当時のミーは意固地になり口話での会話しかしない…
と父親に対して相当反抗していた時期もありました。

しかし、そんな父親が、言葉を使って、
それも嬉しそうに
「話す事が出来て良かった。会話できるのがとっても嬉しい」と
何度も何度も繰り返して伝えてくれるんです。

最新老眼治療のモノビジョンレーシック

最新老眼治療のモノビジョンレーシック

★メニュー

レーシックで乱視の治療も可能
最新老眼治療のモノビジョンレーシック
口コミサイトを活用してクリニック選び
交通費を補助してくれるクリニック
ドライアイとレーシックの関連性
レーシックの前には適性検査
矯正された視力の維持は保証出来ない
保証制度の有無を確認しよう
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
レーシックでのリスクを理解しておこう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックまるわかり情報ステーション