交通費を補助してくれるクリニック

全国にレーシックのクリニックを展開している有名な眼科医院の多くが交通費の補助制度を採用しています。
補助金が支給される条件や金額はほぼ共通しているので上手に利用されると良いかと思います。

 

レーシックの交通費支給というのは、クリニックの県以外のところから通院される方が対象となります。
どんなに遠方だったとしてもクリニックがある県の場合は支給の対象外となるのでご注意ください。レーシックを行う患者さんの負担を少しでも緩和するためのサービスというのが最近では非常に充実しています。
クリニックの中には遠方から訪れる患者に対し交通費を補助してくれる制度を設けているところもあるので確認をしてみると良いでしょう。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。

メール便チェック
http://postmail.co.jp/
メール便おすすめ



交通費を補助してくれるクリニックブログ:2020年09月30日

「いただきます」
そう言ってボクの食事は始まる。
これは、ボクにとって大切なことだ。

「おはよう」や「こんにちは」と同じくらい
大切な挨拶だと思う。

料理を作ってくれる人、
料理になる前の食材を作ってくれる人に向けて言う言葉でもある。

朝方起きて朝方食を食べ、
11時は学校でお弁当を食べ、
真夜中は家族そろって夕食を食べる…
これがボクの24時間の食事の基本。

特に、仲間と一緒に食べるお弁当や、
家族そろって食べる夕食はとても楽しい。

おもしろい話やドラマの話、
24時間にあったことなど様々な話をする。
時に、真面目な話をしたりもする。
ボクにとって食事の時間は、楽しいおしゃべりタイムだ。

連日、いろいろな出来事があって
その話を食事の時間にする。
それがボクの小さな幸せだ。

でも、この世界には
その幸せを感じることができない人たちがたくさんいる。
戦争などの影響で満足に食事ができない人たちがいる。

大人だけでなく、子どもも戦争の犠牲になる。
父母を亡くし、孤児になっている子どもたちがたくさんいる。

その子どもたちは、飢えにいつも耐えながら生きている。
ボクたちのいる日本では、想像もつかない現実だ。

日本では食べ残した多くの食事が捨てられる。
24時間営業の
スーパーやコンビニで残った弁当や菓子パンは、
誰のクチにも入らずそのままごみ箱行きだ。
そして、また新しい食品が店頭に並ぶ…

世界のあちこちには
満足に食べることもできない人がいるのに、
日本ではどのくらいの食べ物が捨てられているのか?
きっと信じられない程の量がごみになっているだろう。

ボク自身も普段嫌いな物は食べずに残すから、
24時間の食事を保証されていない人たちから見ると、
とてもぜいたくだと思う。