ドライアイとレーシックの関連性

そもそもドライアイというのは眼の水分が少なくなってしまい、眼が乾いてしまう状態になることを言います。
レーシックは角膜を削っていくことになりますが、角膜には眼の水分を調節する神経が沢山あることからレーシック後にドライアイとなってしまうことがあるのです。

 

ドライアイというのは、目薬を使うことによって自然に症状が収まってくることでしょう。
元々ドライアイの人も適性検査をクリアすることでレーシックを受けることが出来ます。レーシック手術とドライアイについての知識をまずはしっかりと把握しておく必要があります。
実際ドライアイの人はレーシックのクリニックでいろいろと相談をしてみるようにしましょう。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。



ドライアイとレーシックの関連性ブログ:2020年10月26日

私は「クリスマス・ボックス」という本が大好きです。

この本を買ったのは、
もう十年以上前のこと…

品川の大きな書店で
クリスマスシーズンに向けて、
目立つ場所にドドーンと山済積みにされていました。

厚さも大したことは無く
読みやすそうだな…と軽い気持で買いました。

あらすじは…

若い父親であり、駆け出しの自営業者である「私」と
その家内、幼い女の子の3人が、
街の大きな館に1人で住む老婦人のもとへ引っ越してきます。

表向きは
老婦人の身の回りの世話をする為に雇われたのですが、
実際のところ彼女は「家族」が欲しくて彼らを雇ったようです。

この上品で優しい老婦人には秘密がありました。
この秘密が解き明かさると共に、
「私」は人生で大切なもの、
危うく自分が失いかけていた「宝物」に気づくのです。

この物語のテーマは「愛」です。
やさしく深い父母の「愛」です。

この物語の中で、
老婦人が「私」にする質問
この世で最初のクリスマスの贈り物は何だと思う?
この質問の答えこそ、この物語を貫くテーマです。
そして、その深い愛に触れた時、私は涙が止まりませんでした。

当時の私は幼い頃から、
自分はこの世に生きていてよいのだろうか? 
そんな思いがとても強かったのです。

家族はバラバラでしたし、父親は今も行方不明…
その家族に背を向けて生きていましたから。
家族が大嫌いだったのです。

私は何の為に生まれてきたのだろうか?
生きていていいのだろうか?

そんな思いを心の底に押し込めながら、
表面上、私は明るく振る舞っていました。

しかし、この物語を読んだ時、
この本に貫かれている思いが私の心の中に浸透していき、
奥底に隠していたものに優しく触れたのです。